前へ
次へ

賃貸マンション経営でリスクを回避する方法

賃貸マンション経営でリスクを回避するために、最低限しておくべきポイントを紹介します。まず、物件のキャッシュフローを作成しましょう。借入金額と期間、金利において、適正な返済比率にしなければなりません。次に賃貸マンションの事前リサーチは必須です。ある程度土地勘がある場所を選ぶのもよい選択でしょう。そして空室リスクを減らすため、自分で近隣の情報は収集することが必要です。管理会社に丸投げせず、環境を把握した上で物件をアピールする方法を練ることが大切です。相場を知ることは必要ですが、古いからといって安易に家賃を下げればいいというものでもありません。近隣の物件情報を知っていれば、それにあわせて不足設備を足したり、リフォームしたりすることだけでも空室対策になります。外装を新しくするのもよい手段ですので、企画を練ることが重要です。そして、物件の状態を自分できちんと分析できれば、表面利回りだけで判断せずに済みます。実質利回りを自分で計算したり、必要な保険に加入しているかどうか確認したり、税金も含めて自身で計算して近隣物件と比較する目が養えれば、経営が成功する確率はぐんとあがるでしょう。

Page Top